尿失禁の不安とストレスを取り去ってくれた尿パッド

現在59歳の男です。

40代の頃は尿失禁など思いも浮かびませんでした。

尿失禁のCMが流れていてもごく一部の中高年の事だと高をくくっていたのです。

 

同年代と比べてもスポーツをやる機会が多かったですし、

健康診断でも30代と変わらぬ数値を記録していたからです。

 

ところがあれは52歳の夏のことでした。

トイレに行ってから10分程経った頃でした。

突然尿が僅かですが流れるのが分かったのです。

慌ててズボンの股間辺りを見てみると500円玉程のシミができているではないですか。

 

小さなシミではありますが目立ちます。

仕事中の事だったので焦りましたね、

近くには同僚がいますし、お客様との商談もあるのです。

もうどう隠せば良いか、そればかり考えましたね。

 

幸い書類を持ち歩いてていても違和感がない職場です。

書類でシミを隠していましたね。

ただ、その姿は後で考えるとやけに不自然だったような気がします。

誰かに気づかれたのではないかと、後で顔が真っ赤になったのを覚えています。

漏れは少量だったのですが臭いも気になりましたね。

 

しかし、その後失禁が続くことはありませんでした。

失禁した時には焦りましたが、いつの間にか失禁の事は忘れていたのでした。

 

しかし、同じ年の冬の初めでした。

寒くなったせいでトイレに行く機会も増える時期です。

尿失禁が再発したのです。

しかも、今度は500円玉5個程の大きなシミが出来たのです。

 

取り敢えずはスーツの上着のボタンを締めれば何とか隠せたのですが、

2回目という事で焦りましたね。

これ以上の量が漏れたとしたらもう隠しようがないのですから。

体調が悪いのかなとも考えましたが、体調は極めて良いのです。

 

さて、どうしよう、仕事をしていてもそんな事ばかりを考えていました。

尿もれはトイレに行って暫くして起こるようなので

個室に入って暫く様子を見れば良いのではないか、そんな事も考えました。

しかし、何度も個室に入るのも不自然です。

同僚に決して知られたくない恥ずかしい事です。

それからトイレに入る度に不安がよぎるようになりましたね。

 

そして私は一番手っ取り早い対策を施したのです。

それは尿パッドです。

早速ドラッグストアで探してみると結構種類があるものですね。

それを見ると同類がいるんだと思って何だかホッとしたのを思い出します。

 

さて、その中でガサガサしないもの、ズボンを履いても気付かれないものポイントに選びました。

金額的にそれほど高いものではないので取り敢えず試してみよう、そんな軽い気持ちでしたね。

ただ、レジは女性です。

買う時の恥ずかしさを考えてちょっと多めにまとめ買いしてしまいました。

 

いざ使ってみるとそれほど違和感はありません。

外からも目立つ事はありません。

例え多めに失禁しても臭いは大丈夫そうです。

 

それからは毎日尿パッドを使っています。

時々漏れる事もありますが、しっかり吸収してくれて

ズボンにシミを作る事はなくなりましたね。

安心してトイレに行けます。

ただ、おしっこをする時は多少面倒ではあります。

それさえ気にしなければ、良い失禁対策だと思います。

 

尿失禁はいつ起こるか分かりません。

しかし、不安はいつも襲って来ます。

その不安は大きなストレスにもなります。

そのストレスを消してくれるのですから、尿パッドは有力な選択肢ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL