いきなりの尿漏れ、私は市販薬が効きました

今から10年以上前だったと思います(かなり曖昧です)。

30代後半の頃の話になります。

 

何故そうなったかの原因、きっかけは全く覚えていませんが、

夜就寝しようとしていて少し、うつらうつらしていました。

その時いきなり、「チロッ」と尿漏れしてしまったんです。

実際には「尿漏れ」という意識はなく、いきなり下着が濡れた感覚でした。

 

屋根から水が滴りでもしたか?

いや、雨など降っていないし、そもそも寝間着のズボンは濡れていません。

どう考えても「上から水が垂れた」のではない、とすると自分で出した、

つまりは尿漏れ以外考えられない。

 

しかしその時は、さほど深刻に捉えていませんでした。

就寝前に多少の尿意があったものの、面倒でそれを無視して横になってしまったからです。

要するに自分が横着したからで、体に問題がある訳ではないと、自身に言い聞かせていました。

 

しかしその日から、就寝時には必ず尿漏れするようになっていったんです。

ただ、尿漏れの量と回数は多くなく、

ちょっと汚い話ですが起床時には乾いており、

そのため特に何もせずにすごしていました。

 

しかし遂に日中の仕事中にも尿漏れする様に…。

自宅で就寝時に尿漏れするのと、職場で日中尿漏れするのは心理的な影響度が全然違います。

もちろん他人が認識出来るほど多量に出しはしません。

しかし、下着が濡れた気持ち悪さや、自分に対する嫌悪感はかなり大きなものです。

 

流石にもう無視は出来ません。

まず私がしたのは下着の内側にティッシュを挟むことでした。

尿漏れの根本原因への対策としては、何の役にも立っていません。

こんなことしても尿漏れは止められない、しかし意外と効果はありました。

 

ティッシュを内側に挟めば、尿が漏れても下着は濡れません。

尿漏れは止められないが、被害が広がるのは防げます。

尿が漏れても大丈夫、というのは精神的に非常に楽でした。

もっとも、ティッシュが擦れて痛くなる弊害がありましたけど。

 

こんな間に合わせ的な対策を、いつまでも続ける訳にはいかない、

しかし病院はやっぱり避けたい。

そこで頼ったのが市販薬です。

 

何となく名前を知っていた飲み薬をドラッグストアで買い、何日か飲むことに。

薬との相性が良かったのか、恐らく一週間くらいで効果が出たと思います。

効果が出た時点ですぐに飲むのを止めましたが、案の定症状が復活しました。

 

中途半端じゃ駄目だと、覚悟を決めて一ヶ月ほど飲み続けたところ、尿漏れが再発することなく終息。

私は薬が上手く効いたため、飲みはじめから一ヶ月と一週間で治りましたが、

場合によってはもっと長くかかるかもしれません。

やっぱり出来れば病院に行くことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL