閉経になるころに起こる失禁

女性で失禁で悩む人が多いです。

50歳前後からそういった症状に悩む女性は増えています。

理由ですが、歳をとると尿を我慢する筋肉が弱ってきて、

ふとした時に失禁してしまいます。

 

特に、重いものを運ぶときなどに失禁することが多いです。

また、くしゃみをしたときもそういったことが起きることがあります。

 

他の理由ですが、閉経により、女性ホルモンが無くなることでも、

症状が悪化することがあります。

今まで女性ホルモンでバランスを取れていた体が

次第にホルモンバランスを崩し、筋肉にも異常をきたすことがあります。

いわゆる更年期障害です。

 

更年期障害になりますと、精神面にも悪い影響がありますので、

失禁に対して非常に気にしてしまうことも多いです。

特に外出するのが心配になってしまう人もいます。

次第に外に出歩かなくなることで筋肉がさらに弱まって悪化するリスクも高まります。

 

そういったことの対策ですが、まずはインターネットやテレビなどで

紹介されている筋トレをすることが効果的です。

膀胱付近の筋肉を強化することで、尿が出ることを防ぐことができます。

 

更年期障害になりますと外にも出たくなくなることもありますが、

健康のためには筋トレやウォーキングが効果的です。

また、ウォーキングや軽い運動をすることで、気分もかなり良くなる場合があります。

そういったことから、更年期障害の人もどんどんウォーキングなどの

軽い運動をしたほうが健康な体作りに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL