老年の尿失禁

老年の尿失禁というものがあります。

人間年老いてしまうと体中の筋肉が弱くなってしまうものです。

さらには、体をコントロールする神経にも影響が出てきます。

そして、そうなってしまうと尿失禁というものをしてしまう人も中には出てきます。

 

自分では意識をしていないのに、尿を出さないようにする筋肉が緩んでしまったり、

意識とは別に尿漏れをしてしまうのです。

 

男性女性のどちらでもこれは老年になると起こる可能性があるものですので、

注意していかなければなりません。

 

また、老年の尿失禁は認知症高齢者などに多くなってきます。

認知症高齢者の場合は、認知症の症状によっても異なりますが、

物事を把握する事ができなくなりそのまま失禁してしまう事があります。

老年の尿失禁は介護者にとっても負担になりますので、

そのような場合にはオムツといったものを利用する必要があります。

 

老年の尿失禁対策として一番都合が良いのがオムツです。

オムツを利用すれば尿失禁をしたとしても、

その尿を全てオムツの中に入っているポリマーが吸収してくれます。

ですので、尿失禁が多いという高齢者の場合は、そんなオムツを利用して行きましょう。

 

最近のオムツは高機能化が進んでおり、吸収性に優れているだけでなく

その吸収量も多くなっています。

通気性や非通気性のオムツや便失禁にも対応したオムツなどもありますので、

尿失禁にお困りの高齢者や介護者の方はそんな商品をうまく活用すると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL