尿失禁の理由と改善方法

人間が生まれたばかりのときには、

誰もがおもらしをするものですから、

何らこれは恥ずかしいことではありませんが、

一定の年齢を超えた大人は、おもらしをしなくなりますし、

こうした大人がおもらしをすることは尿失禁と言われます。

 

尿失禁は、基本的に大人はしないという世間一般的な理解がありますので、

とても恥ずかしく感じる人が多いのですが、

意外に尿失禁をする人は多いものです。

 

では、なぜ本来は失禁をしない大人が、失禁をしてしますのでしょうか。

この理由として、以前は尿を制御する神経の機能が年齢的なものから低下するために起こる、

神経因性膀胱などと言われてきました。

 

この尿を制御する神経というのは、自律神経が支配している部分があって、

なかなか自分の努力だけでは改善できないと考えられてきたのです。

これ自体は、今でも間違いではないのですが、

最近はこれ以外の要素が指摘されるようになってきまして、

これを理解することで失禁を減らすことが出来る可能性が高くなってきたのです。

 

その要素というのは、尿を制御するための筋肉の低下が背景になっているというもので、

これは自分自身で鍛えることが出来る随意筋であるために、

改善の見込みがあるのです。

 

骨盤のなかには、さまざまな筋肉があるのですが、

このうちの骨盤底筋という筋肉は尿を制御している筋肉になります。

骨盤底筋は、おしりの肛門を締める筋肉と連動していますので、

膝を開いて肛門を締めるように力を入れるトレーニングをしていると、筋力アップにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL