大人の女性の失禁用パンツ

子供の時は、男女を問わず誰もが尿失禁をするものですが、

大人になると神経の働きが活性化してきますので、

尿失禁はしなくなることが普通になります。

 

しかし、人間は年齢と共に老化もするものですから、

高齢者になると尿失禁を再びしやすくなるのです。

特に、女性の場合には身体の構造的な問題から、

この傾向が強いものでして、高齢女性の尿失禁はしばしば問題となるのです。

 

例えば、尿失禁を自宅でしても、

自宅内のことで誰も見ていないので問題ありませんが、

外出時に失禁すると恥ずかしい思いをすることになります。

このため、尿失禁を恐れるために、そのほかの身体的な問題は何もないにも関わらず、

一切の外出をしなくなって、引きこもり状態になることすらあるのです。

 

そこで、最近はこうした女性の尿失禁に対応するために、

失禁用パンツがとても重宝されるようになってきました。

大人の失禁に対するパンツと言いますと、

認知症の人や肢体不自由のために自分で自由にトイレに行くことが出来ない人が用いる、

大人用のおむつを連想しますが、失禁用パンツはこれとは大きく異なります。

 

まず、大人の女性がする尿失禁の多くの場合には、

少しもれてしまうといった程度のものですから、

尿の量自体がそれほど多くないことが大半です。

このため、おむつのような大きな吸収体のあるものは必要ないのです。

 

また、こうした大きな吸収体のあるおむつはどうしても目立つので、

あまり好まれない傾向があります。

しかし、最近はこの吸収体がとても進歩したこともあって、

小型のものでもある程度吸収してくれるので、

失禁用パンツにはこれが用いられていて、

あまり目立たない構造になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL