切迫性尿失禁

年齢を重ねると様々な問題が出てきますが、

その中の一つが失禁の症状です。

失禁の症状の中にも種類があり、

切迫性尿失禁があります。

 

この症状はあまり前触れもなく、急におしっこがしたくなって、

急いでトイレに行こうとしても、我慢ができずに途中で漏らしてしまう症状です。

さらに少しでも尿が膀胱にたまった状態になると、

おしっこをしたくなるので、頻尿になります。

 

それなので寝ていてもトイレに行くために起きることが多くなり、

睡眠の妨げにもなります。

 

切迫性尿失禁の原因としてはいくつかあり、

その中の一つには脊髄や脳に問題が起きていることもあります。

通常はおしっこをしたくなった時に、膀胱に排尿を止めるように脳が働きますが、

神経回路に問題が起こっていると、うまく抑制することができずに、

膀胱にたまっている尿が自分の意思とは関係なく出てしまいます。

 

他にも尿道や膀胱に炎症が起きていることも切迫性尿失禁の原因になります。

炎症ができていることで、知覚神経が過敏になり、

その結果として尿漏れが起きてしまいます。

 

切迫性尿失禁は軽い腹圧性尿失禁などの場合と違い、

大量に漏れてしまうので、パッドを当てることなどでの対応が難しく、

漏らしてしまった時の精神的ショックが大きくなります。

そこから精神的にふさぎ込みがちになる人も多いです。

しかし泌尿器科に行って医師に相談をすれば、薬を出してもらえます。

最近では良い薬があるので、症状の改善ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL