便失禁の原因を知り改善点を探そう

加齢とともに便失禁は増えていきます。

便失禁の多くは、便意が我慢ができない、

便意に関係なく漏れてしまう等が挙げられており、

認知症等の人にも多くみられます。

 

便失禁には、それぞれの原因で対処方法が異なります。

腹圧をかけた時に漏れてしまう場合には、

肛門括約筋が緩んでいる事が原因です。

 

これは、この筋肉を鍛える体操を続ける事で改善する事ができます。

尿失禁対策として用いられる体操と同じであるので、

これらを毎日続ける事が大切です。

 

次に、下痢などで漏れてしまう場合です。

これは腸蠕動が過剰に亢進する事で起こります。

この時には腸内環境を整える事が大切であり、

腸蠕動の活動を緩やかにする内服等が必要になります。

 

次に、便意がなくいつの間にか漏れてしまう場合です。

この場合には、神経や脊椎の損傷が原因で起こる事が多いです。

この時には、毎日決まった時間に排便ができるように習慣づける事、

なるべくトイレに座らせて排便できる環境を作る事が大切です。

 

最後は認知症などにより漏れてしまう場合です。

この時にも、毎日決まった時間にトイレに座らせる事が必要です。

その他にも食生活の改善、必要に応じて薬でのコントロールが必要になります。

このような事に注意しながら、生活する事が大切です。

 

また、どうしても便失禁で下着を汚すのが嫌という人には、

パット等を下着の中に入れるなどして、下着が汚れるのを予防する方法もあります。

便失禁で悩んでいる人は多いので、少しでも改善できるような働きかけが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL