うつ病の症状が悪化して尿失禁になる

うつ病を患っていた時期があったのですが、

薬物療法で治療していたのです。

 

薬を飲んで治している頃、ストレスも大きかったので

どんどんと症状が悪化してきてしまったのです。

なので関係しているかもしれないのですが、

尿失禁してしまったこともあります。

 

トイレには元々、遠くはなかった方だったのですが、

漏らしてしまうことが増えてきていたのです。

改善されない症状だっただけに

尿失禁してしまうことが増えていた時期は悩んでいたりもしたのです。

 

夜も目が覚めなかったりもすることもあるのですが、

朝起きると漏れていたりするのでどうしようもなかったです。

そのほかにもふとした瞬間に漏らしてしまうことがあったのですが、

急に立ち上がったりしたら漏れてしまったりと

自分でも止めることができなかった症状だったのです。

 

尿失禁してしまうことがあったりした時期はうつ病の治療のために

通っていた精神科の医師にも相談したりしていたのですが、

自律神経などが狂ってしまっていることが関連していることから来ているかもと言われたのです。

 

仕事を休んだりして家にいたので漏らしてしまうことがあっても

日常生活に影響を及ぼすことはなかったのですが、

またいつ漏らしてしまうのかと不安だったりしたのです。

 

夜尿症だったりしたのにプラスして昼間も尿漏れしてしまうこともあったのですが、

どうやら筋肉が弱まっているせいでもあったのです。

そのときた対策としてオムツをつけていたりもしたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL