産後の尿漏れに悩んでいましたが、骨盤底筋を鍛えて克服しました。

産後、尿失禁をしてしまっていた時期がありました。

最初のうちは、排尿がすでに終わっているにもかかわらず

トイレの便器から立ち上がった瞬間ポタポタと数滴、尿が漏れてしまうということが起こったり、

くしゃみをしたときや大笑いをしたときなど腹圧がかかってしまったときに、

尿が数滴漏れてしまうという程度のものでしたが、

だんだんと、漏れる量や頻度が増えていき、

日常生活に支障が出てくるようになってしまいました。

 

膀胱に溜まっている尿をすべて漏らしてしまうというような、完全な失禁をすることはなかったものの、

しっかりを下着を濡らしてしまう量の尿が漏れてしまうこともあったし、

いつ・どのタイミングで、どれくらいの量の尿が漏れるのか自分でも全く予想がつかなかったので、

市販の吸水パッドが欠かせなくなってしまっていました。

 

尿漏れという出来事そのものも憂鬱でしたが、

何よりも「まだ若いのに、尿が漏れてしまっている自分」に対する情けなさや恥ずかしさが募っていて、

精神的に辛い日々であったのを覚えています。

 

尿の漏れは、全く治る様子もなく小さい子どもを抱えながら

「泌尿器科に罹った方が良いのかな」と、鬱々と悩む日々が続いていたのですが、

そんなとき、同じ時期に出産したママ友から

「バランスボールのエクササイズのクラスがあるんだけど一緒にやってみない?」

と、誘いを受ける機会があり、何気なく、体験クラスに参加してみることにしました。

 

初参加のとき、元看護師として働いていた経験もあるというバランスボールの先生に

「何か、体調や体のことで困っていることはありますか?」と聞かれたので、

思い切って、出産後から度々尿失禁で悩んでいるということを打ち明けたら

「それは、出産で骨盤底筋が緩んでしまったことが原因かもしれません。

バランスボールは、骨盤底筋をしっかりと鍛えることができるから尿失禁も改善できるかもしれませんよ」

という言葉が返ってきました。

 

私は、その言葉に一抹の希望を抱き

「尿失禁が治る可能性があるのであれば」と、

バランスボールのエクササイズを本格的に始めてみることにしました。

 

週に1度、2時間ほどのクラスに参加するようになった他、

家用にもバランスボールを購入し、子どもが寝ている時間などを利用して

毎日、先生に教わったエクササイズを続けていました。

 

最初のうちは、状態は変わりませんでした。

だけど、1ヶ月、2ヶ月と経つうちに、

目に見えて、尿失禁の回数が減っていくのが分かりました。

吸水パッドが汚れないまま、1日が終わる日も出てくるようになったし、

1年経った頃には、尿失禁が嘘のように治まってしまっていたのです。

 

尿失禁には様々な原因があると思いますが、

女性は、私のように出産や、あるいは加齢によって骨盤底筋が緩んで

それが原因で、尿失禁を引き起こしてしまうこともあるようです。

 

即効性はないかもしれません。

だけど、ゆっくり確実に状態は良くなっていきました。

特に、私のように出産を契機に尿失禁をするようになってしまった方は、

ぜひ一度、バランスボールなどを使って骨盤底筋を鍛えることをおすすめしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL