妊娠中に発症、尿失禁。

二人目の妊娠の時に尿失禁になりました。

一人目の時には全然感じなかったのですが、

年齢的なものなのか、二人目だからという事なのかは分かりませんでした。

 

どんどんお腹が大きくなるにつれて尿失禁の頻度は多くなりました。

その頃から喉の渇きもありましたので、よく水分を摂っていました。

頻尿気味ではありました。

普段の尿意では小さなきっかけでおしっこが漏れてしまうのです。

 

そこで対策としては、尿意を感じる前に定期的に排尿に行っていました。

2時間に1回位の間隔です。

子どものトイレットトレーニングみたいだなと思っていました。

 

水分を摂るのを制限は特にしませんでした。

体が欲する物は摂取するし、漏れるなら漏れないようにしようと考えていたからです。

 

運が悪く、その頃から原因不明の咳が持続しました。

咳は風邪でも何でもなく1カ月程持続しました。

結局呼吸器内科に受診し吸入を処方されるまで持続しました。

 

咳が出る時には下の締まりが悪くなり、咳の度に尿漏れがありました。

そこで咳が出そうになるとトイレに行き、排尿してから咳をしていました。

始めは何も分からずに普段の生活の様に咳をするとびっくりする程の量の尿漏れがありました。

どうにか咳だけは回避しないといけないと思っていました。

 

マスクをしたり、うがいをしたりもしました。

仕事をしていましたので、そんなに頻回にトイレにもいけない時は尿漏れパッドを使用していました。

臭いも気になるので何度か替えて仕事をしていました。

 

産後には骨盤底筋群を鍛える必要があるなと思っていました。

因みに一人目の時にも出産してから1年間位せっせと鍛える運動をしていました。

まだ若いので自分で出来る事があれば、やるべきだと思っていました。

尿失禁を放置したらそこの筋肉はすっかりダルダルになってしまうのではないかと思います。

 

尿失禁で困った事は沢山あります。

私は妊娠中の尿失禁でした。

膀胱にはしっかり尿が貯まっているけど、まだ我慢出来る程度でも普段通り生活していました。

そんな時に刺激で出てしまうと、本当におもらしみたいに漏らしてしまったのです。

その時は休みで自宅におりましたので、大きな問題にはなりませんでした。

こんな事が仕事中にあったりすると大人としてどうかと思われてしまうと思いました。

 

今は出産し尿失禁も無くなりました。

しかし、他の人よりも尿意は直ぐに感じ易いと思います。

膀胱炎でもなく、しっかり排尿があります。

 

尿の生成がどれほど早いんだと思いますが、

尿意を感じたら我慢せずに直ぐに行く様にしています。

又、しばらくトイレに行けないと分かっている時には

事前に行きたくなくてもトイレに行く様にしています。

出来るだけ膀胱におしっこを貯めないようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL